Maintenance

保守・点検・工事

保守・点検・工事

建物や諸設備の保守・点検・工事を行い、事故や故障を予防します。
高度な知識と技術、豊富な経験を生かし、
建物を利用する人々に、安全で快適な環境を提供します。

東八防災の消防設備保守点検業務

消防設備保守点検業務とは

建築物の中には、消防法により消防用設備等が設置されていますが、これらは平常時に使用することがない為いざという時に確実に作動し機能を発揮するかどうかを日常から確認しておくことが重要です。そのため、消防法では、消防設備等の半年毎の点検と消防機関への定期的な報告を義務付けています。

定期点検とは?

点検は6ヵ月ごとに機器点検、1年ごとの総合点検の年間2回の点検が義務付けられています。

点検結果報告とは?

点検を行った内容を所定の様式に記入し、消防長又は消防署長へ報告をします。
特定防火対象物は年に1回の報告 その他の防火対象物は3年に1回の報告になります。

点検実施者

消防設備士・消防設備点検資格者が行います。
※有資格者以外は点検できません。

消防用設備等は特殊なものであり、消防用設備等についての知識、技能のない者が点検を行っても、不備欠陥が指摘できないばかりか、かえって消防用設備等の機能を損うことも考えられます。そこで、防火対象物の規模や消防用設備等の内容により、火災発生時に人命危険の高い特定防火対象物等でその規模が大きい対象物については、消防設備士又は消防設備点検資格者に、その池の規模の小さい防火対象物については、防火管理者等に点検を行わせることとされています。(消防法施行令第36条)

保守・点検・工事
保守・点検・工事